限定版 カナセライト アクリル板 ガラス色片面マット(キャスト板) 厚み3mm 2250X1380mm (13X22) 3カットまで無料(業務用) カット品のカンナ・糸面取り依頼のリンク有 アクリル、アクリル板
限定版 カナセライト アクリル板 ガラス色片面マット(キャスト板) 厚み3mm 2250X1380mm (13X22) 3カットまで無料(業務用) カット品のカンナ・糸面取り依頼のリンク有 アクリル、アクリル板
shizaiya/kn7329-3-1322-6559-pMF
13,484円 22,473円
カナセライト アクリル板 ガラス色片面マット(キャスト板) 厚み3mm , カナセライトの商品一覧 通販 - Yahoo!ショッピング, カナセライトの商品一覧 通販 - Yahoo!ショッピング, カナセライトの商品一覧 通販 - Yahoo!ショッピング

●メーカー:カナセ工業 重量:11.18kg

≪ご注意≫
●メーカー規格板はプラス1〜3mm程度長めになっております。
●温度や環境の影響により、アクリル板が反る場合があります(アクリル板の特性の為、返品対象外)

●直角(円形斜め不可)カットを3カット(1枚は2カット)まで無料でカット致します(切断面仕上げなし)追加カットは1カット220円
●端材必要の場合同梱できないサイズは同梱できるサイズにカットします。
●複数指定の際は鋸刃の厚み3mmを考慮してください。

≪送料について≫
●表示送料は同一サイズ(カットする場合も同じ)で1梱包重量30kgまでの送料です。複数梱包になる場合の送料は梱包数×表示送料になります。(複数サイズにカットする場合は自動計算てぎない場合がありますのでその場合は弊社よりご連絡致します)
●他の商品との同梱はできません。
●沖縄·離島への送料は別途お見積致します。

●メーカーのブランド名
三菱ケミカル:アクリライト クラレ:コモグラス パラグラス カナセ工業:カナセライト 住友化学:スミペックス 日東樹脂工業:クラレックス ファンタレックス
2200 1300 1350


*************販売条件*************
★出荷·配送日について★
出荷日は弊社在庫·メーカー在庫及びご注文個数により変わります。日·祝日·特定の連休日は配送できません配送日を指定しないのが最短で届きます。
カートでの配送日指定は5日後からですので5日後以降希望の方のみご指定下さい。詳しくは商品ページ下に記載してあります。
配送時間指定はできません。軒下渡しです。(ビルは1F)

★★★★★配送先宛名について★★★★★
●配送先が企業·店舗宛を個人名で購入すると運送会社が該当住所に宛名人なしとして配送されません。必ず配送先の企業名·店舗名を記載して下さい。
●過去に配送されない事例がありましたのでお客様とのトラブル防止の為、必ず正確なご記入をお願いいたします。
●弊社はお客様がご記入頂いた情報に疑問がある場合はお電話して確認いたします。(連絡の取れない電話番号を記載された場合はご注文をキャンセル致します)


★送料について★
商品画像の右下に表示される左記の黒字での表示送料は、商品ページ記載の送料と相違する場合がありますので違う場合は、商品ページ記載の送料に訂正致します。
送料を訂正致しますとカードの決済金額も自動的に訂正されます。

●商品名に【配送無料】と記載のある商品は【配送無料】商品のみの購入で送料無料になります。
送料別の商品を含む場合その商品の送料がかかります。


★商品販売について★
●メーカー取り寄せのため、欠品·廃盤している場合がございますので販売を確約ものではありません。
●お客様との売買契約成立の時期は、自動返信メールの後に弊社よりお送りするご注文の承諾メールを弊社が送信した時点となります。
●商品の写真はイメージでありブラウザの環境によっては色合い等が実際の商品と異なる場合が御座いますので予めご了承下さい。
●ご注文後に送信される自動配信メールは送料が正確ではない場合が御座いますので弊社よりお送りするご注文確認のメールを必ずご確認ください。
●銀行振込の方は弊社よりお送りするご注文確認のメールに記載された金額をお振込下さい。(お客様が間違って振込した場合の返金については、返金事務手数料+振込料1080円を差し引いてご返金致します)
尚、お客様がご注文確認メールの確認不足及びメール着信規制などでメールが届かない場合、弊社は一切の責任を負いません。(弊社が送信したご注文確認メールに了承したとします)
●お届け商品がお申し込み商品と異なっていたり、輸送途中で汚損·破壊、数量違いがあった場合は、商品到着後7日以内に弊社までご連絡をください。(7日以降は無事故にて受け取られたものとして処理致しますのでそれ以後の返品·交換はできません)
弊社が責任を持って速やかに対処致します。返品·交換にかかる費用(手数料·送料など)は弊社が負担いたします。
折り返し返送先住所をご連絡いたします。
当社もしくはメーカーより、直接お客様へ正常品を迅速に送らせていただきます。
●お客様の都合によるご注文後のキャンセル、返品、交換は受け付けておりませんので予めご了承ください。
●特定商取引法ではネット販売においてクーリング·オフ制度はありません。(詳しくは国民生活センターで確認できます)

★各種伝票について★
領収書(ポイント利用分を含めた金額)·納品書·請求書が必要な場合、決済画面にて必ず帳票の選択をしてください。
宛名は全ての決済方法でご希望の宛名で発行致しますので備考欄に伝表の宛名を記載してください。
商品お発送後の発行は郵送代を含めた手数料がかかります。
商品購入前の見積書はご要望があれは発行いたします。

カナセライト アクリル板 ガラス色片面マット(キャスト板) 厚み3mm
カナセライトの商品一覧 通販 - Yahoo!ショッピング
カナセライトの商品一覧 通販 - Yahoo!ショッピング
カナセライトの商品一覧 通販 - Yahoo!ショッピング

カナセライト アクリル板 ガラス色片面マット(キャスト板) 厚み3mm
カナセライトの商品一覧 通販 - Yahoo!ショッピング
アクリル板加工専門販売のアクリルショップはざいや / アクリル板
カナセライトの商品一覧 通販 - Yahoo!ショッピング
アクリル板加工専門販売のアクリルショップはざいや / アクリル板
カナセライトの商品一覧 通販 - Yahoo!ショッピング
カナセライトの商品一覧 通販 - Yahoo!ショッピング
カナセライトの商品一覧 通販 - Yahoo!ショッピング
カナセライトの商品一覧 通販 - Yahoo!ショッピング
カナセライトの商品一覧 通販 - Yahoo!ショッピング

限定版 カナセライト アクリル板 ガラス色片面マット(キャスト板) 厚み3mm 2250X1380mm (13X22) 3カットまで無料(業務用) カット品のカンナ・糸面取り依頼のリンク有 アクリル、アクリル板 配送先について:企業宛でない場合追加送料1梱包5500円〜を了承し注文します

TOPマッチレポート特別企画
TOPスペシャリスト座談会「レギュラーシーズン中盤戦までの熱い戦いを振り返る」【後編】


■出席者(五十音順) 稲垣 純一 ((財)日本ラグビーフットボール協会事業委員長)
永田 洋光 (ラグビーライター)
村上 晃一 (ラグビージャーナリスト)
南 隆雄 ((財)日本ラグビーフットボール協会トップリーグ部門長)
■進行/構成 出村 謙知 (フォトレポーター)

泣いても笑っても残り2節となったトップリーグ。
ベスト4はこのままのかたちで落ち着くのか。ワイルドカードから日本選手権へ勝ち進むのは?
TOPプレビュー/マッチレポートでもお馴染みのTOPスペシャリストたちが中盤戦までの戦いを熱くかつ冷静に振り返る特別企画が今季も実現。後編では、残留争いが熾烈さを増してきた下位チームの動向、中盤戦までのベストフィフティーンなどにも話は及んだ。

──昨季、ヘスケス(カーン=WTB)の爆発もあって、センセーショナルな存在となった福岡サニックスブルース(第10節現在11位)ですが、今季はどうも結果が出ていません。

永田 藤井(雄一郎)監督が言っていたんですが、ブラッド・ソーン(LO)が入ったことで、セットプレーでもそこそこ戦えるようになって、逆にサニックス本来の姿を見失った面もあるのかもしれないですね。

──2勝のうち最初の勝ち星を挙げたトヨタ自動車ヴェルブリッツ戦(第6節、27-20で勝利)も、あえてソーンをメンバーから外して、昨シーズンまでのサニックスのメンバーに戻したら、うまくいった。

永田 ジャパンのFWを大きくするのかどうかという、そういう議論と重なってしまう気もするんですけど、逆に言うと、それだけブラッド・ソーンに存在感があるということなんでしょうね。

稲垣 トップリーグのレベルだと、同じスタイルを2年続けても通用しないというのも、今季、サニックスが苦戦している要因のひとつかもしれません。他のチームがしっかり研究して、サニックス対策をやってきているわけですからね。
 いま、ちょうど苦しいところだと思うんですよね。過渡期と言ってもいいかもしれない。昨シーズンはみんなビックリしたけど、今季はだいたいやることがわかってきて対応されている。ヘスケス(カーン=WTB)のインパクトもなくなってきています。でも、ここを乗り切らないと次のステップへは行けないのも確かでしょう。

世界一のLOソーン(写真)の加入によるセットプレーの安定が成績につながらなかったサニックス
photo by Kenji Demura (RJP)

──そして、同じ九州勢ですが、サニックス以上に苦しんでいるのが、コカ・コーラウエストです。ようやく、第10節で初白星(対NTTドコモレッドハリケーンズ、23-11)は挙げましたが……。

南  ホント、苦しいシーズンになってしまっていますが、どうしちゃったんですかね。

永田 ケガ人が多いですよね。その影響はあるんだと思います。

──ケガ人もそうですけど、これは向井(昭吾)監督が言っていたんですが、山口(智史=NO8)やオーモンド(ウェイン=LO/FL)といった、ここぞという場面で頼りになる仕事人がいなくなったのも大きい。流れが悪くなった時に止められずに、ズルズル行く傾向があるのかなという感じがしています。

稲垣 序盤戦でも東芝には前半リードして折り返したり、いい戦いをしていた試合もあったんですけどね。ちょっと、無理に展開ラグビーをしようとし過ぎているところもあるのかな。チームとして理想のラグビーはしっかり持っているんだけど、現実とのギャップがあって、結果的に流れを悪くしているように思えますが……。

 
第10節でようやく今季初白星を挙げたコカ・コーラウエストは自動降格を避けることができるか(写真はCTBベイトマン)
photo by Kenji Demura (RJP)

永田 ショットの3点って、凄く大きいんですよね。

稲垣 でも、ようやくNTTドコモに勝ちましたし、粘り強い向井監督のチームですから、最後に立て直してくる気もします。
 いずれにしても、サニックスやコカ・コーラウエストが中々勝ててないというのは、トップリーグの各チームの実力が拮抗して、レベルが上がっている証拠でもあるでしょう。

──最後に昇格組の2チームに関してです。かなり、健闘も目立っています。

永田 NTTドコモはやっぱり箕内(拓郎=FL/NO8)が凄い。

──ビッグネームでいうなら、序盤戦ケガで出てなかったり、いまもフルでプレーする試合は少ないんですが、ここという時のムリアイナ(ミルズ=FB)も凄いですよね。

稲垣 確かに、そのふたりがしっかりしているのは大きい。あと、キャプテンの平瀬(健志=WTB)がしっかりチームを締めている感じもします。

永田 パナソニックから4トライを取った時に箕内が言ってたんですけど、強豪から1ポイント取れたということが、凄く自信につながるって。チームが若いだけに、上昇する力みたいなものを感じます。

稲垣 得点力はありますよね。ヤマハから40点以上取ったり。ハミッシュ・ガード(SO)のキック力も大きい。ただ、それだけに外国人の使い方が難しいというのもあるわけですけど。FWで使うのか。BKで2枚使うのか。

永田 伊藤宏明(SO)とハミッシュ・ガードの使い分けをどうするのか。伊藤を入れてボールをどんどん動かしていくのもありだけど、ディフェンス力やゲームコントロールを考えるなら、ハミッシュ・ガードがファーストチョイスになる。

──2年ぶりの再昇格となったHonda HEATはどうでしょう。

永田 NEC戦の立ち上がり、ほとんどゲームが切れなかった時間帯にボールを継続してトライを取り切っていたので、力はあるなと感じたんですけど……。

稲垣 コカ・コーラウエストには圧勝(第8節、41-17で勝利)でしたもんね。

南  ガードナー(ジョー=FB)がうまく機能すると面白いと思っているのですが。

永田 SHの梁(永勲)もいいですしね。

稲垣 CTBの森川(海斗)の評価も高い。

一戦一戦逞しさを増すNTTドコモにとって精神的支柱とも言えるNO8箕内の存在は大きい
photo by Kenji Demura (RJP)

──体はそんなに大きくないけど、シャープに前に出て良くディフェンスしていますよね。

稲垣 Hondaのように、一度落ちて再び上がってきたチームがしっかり定着してほしいなというふうには思いますが、それにしても降格争いは本当に熾烈だなあ。

永田 いま考えると、開幕節でNTTドコモとHondaが引き分けたというのも、降格争いが厳しいものになる予兆だったのかもしれないですよね。

──さて、話題を恒例のベストフィフティーンに移行していきたいんですが、その前に今季のひとつの特徴として新人の活躍が目立っているというのがあると思うのですが、みなさんはどう受け止めていますか?

稲垣 確かに新人の活躍は目立ちます。先ほども名前が挙がりましたが、NECグリーンロケッツの田村(優=SO)、村田(毅=LO)、パナソニック ワイルドナイツのツイ(ヘンドリック=NO8)、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスの鶴田(諒=SH)、チームの成績は上がらないけど、トヨタ自動車の吉田(光治郎=FL)。リーチ(マイケル=東芝FL)なんかは新人の域を越えていますよね。

村上 新人賞は外国人でも大丈夫なんですか?

稲垣 リーチやツイは日本の大学を出ていますし、新人賞の対象にはなります。

村上 神戸製鋼でちょっとしか出ていないけど、前川(鐘平=FL)も出場した試合でのインパクトは凄い。同じく神戸製鋼の中濱(寛造=WTB)も結構出てますしね。

稲垣 2008年のU20世界大会でウェールズに行ったのが、いまの新人たちの世代なんですよね。村田はあの世界大会で薫田(真広)監督(=当時。4月からは日本代表アシスタントコーチに就任予定)がもの凄く信頼していて、全試合使った。

永田 確かに、エイジグレードで代表を作っていくことが、凄く意義のあることなんだなというのが、今年の新人を見ているとよくわかる。彼ら自身、同世代で凄い奴がいるというのがわかるし、なおかつそういう若い選手たちがチームになって世界に出て行ってもなかなか勝てないというのを経験したのが、その後にプラスになっているのかもしれない。

──ウェールズ大会では、リーチがキャプテンでした。

稲垣 薫田監督はリーチと村田だけは迷いなく全試合使い続けたように見えました。
もっと、こういう世代を継続的に強化していかないといけない。まあ、新しい代表首脳陣の仕事なんでしょうが(笑)。

村上 どうせなら、7年後をにらんで、もうそういうジャパンを作っていっちゃってほしいですよね。

永田 確かに、今シーズンの新人たちを見てると、可能性を感じます。

開幕節でNTTドコモと引き分け、第8節ではコカ・コーラウエストには圧勝したHonda(写真はSH梁)
photo by Kenji Demura (RJP)

 
W杯でも活躍した東芝FLリーチ(写真)をはじめ、新人の台頭が目立つのも今季の特徴
photo by Kenji Demura (RJP)

村上 新人の活躍でトップリーグ自体、もの凄く活性化している感じがします。

──その一方で、ビッグネームの外国人選手もどんどん新加入しています。

稲垣 単純にファンへの訴求という面でも彼らの存在は大きいですし、その一方で一緒にプレーしている日本人選手へのいい影響はあると思います。ノヌー(マア=リコーCTB)がこうやってる、ムリアイナ(ミルズ=NTTドコモFB)がこうやってる、ジョージ・スミス(サントリーFL)がこうやっているというのを実際に一緒にプレーしながら学べるわけですからね。今シーズン、佐々木隆道(サントリーFL)が凄く成長している理由は、ジョージ・スミスにずっと朝から晩までくっついて、いいところを学ぼうとしているのが大きい。自分のプレーを見てもらっている直接的な影響から、生活態度を見習うみたいな間接的なことまで。そういう経験をいまのトップリーグの選手たちができているというのは凄い財産になっているはずです。

──ということで、あるいはニューフェイスたちの名前もたくさん挙がってくるかもしれないベストフィフティーンに関してポジションごとに見ていきたいと思います。まず第1列から。

稲垣 PRの1番が久保(知大=東芝)、平島(久照=神戸製鋼)に、NTTコムの山口(泰生)。HOが青木(佑輔=サントリー)、堀江(翔太=パナソニック)。PRの3番が畠山(健介=サントリー)、山下(裕史=神戸製鋼)。この辺で迷ったんですが、チームの順位からいって(笑)、久保-青木-畠山かな、と。山口は斉藤(展士)とともに、NTTコムのスクラムをしっかり支えているのが、とても印象的です。久保に関しては、ずっと出続けている点も評価しています。

村上 平島、青木、畠山で。

永田 パナソニックの木川(隼吾)がスクラムだけじゃない部分での良さがあって、凄くいい。3番ではNECの新人の田中光は、NTTコムとやった時にも山口と対等に組めていたので、将来性も買って選びました。

──僕は神戸製鋼のいい試合を立て続けに見ていることもあって、PRは平島-山下の神戸製鋼コンビにしました。山下がケガから復帰してきた後のスクラムはかなり強力だったので。
ドウシシャ 薄型 スリム デスク 幅120cm ビスカーナシリーズ幅120 BC1270-DS

稲垣 ひとりはヒーナン(ダニエル=パナソニック)で決まりで、もうひとりに関しては、NECの躍進を支えている浅野(良太)と東芝の大野(均)で迷ったんですが、ここは今季の勢いを買って浅野で。

永田 単純に凄いLOとなると、ヒーナン、アイザック・ロスという感じなんですが、それだと5番、5番なので、4番的なタイプということで考えるなら大野。

STAHLWILLE(スタビレー) 714/1 デジタルトルクレンチ (1-10NM) (96500901)[直送品]

すでにベスト15の常連と化している感もある畠山(サントリーPR)
photo by Kenji Demura (RJP)

 
同僚のナドロとともに"満票"でのベスト15入り。躍進NECを牽引する若き指令塔SO/CTB田村
photo by Kenji Demura (RJP)

──このポジションも難しいですが、FW第3列はどうでしょう。僕は、単純に凄い人ということで選んで、ニリ・ラトゥ(NEC)、ジョージ・スミス(サントリー)、箕内(拓郎=NTTドコモ)。

永田 ニリ・ラトゥ、リーチ(東芝)、ハスケル(ジェームス=リコー)。

村上 僕は東芝の両FL(スティーブン・ベイツ、リーチ)とNO8が箕内。

永田 今シーズンの箕内は確かに凄い。

稲垣 FLのうちひとりは成長ぶりからいって佐々木隆道(サントリー)。もうひとりがジョージ・スミス、リーチ、ラトゥ、ベイツで迷ったんですが、インパクトの強さでいくとラトゥかな、と。NO8は箕内、トゥイアリイ(モセ=ヤマハ発動機)、ハスケルの中から、試合を決めるプレーの多さという観点からトゥイアリイを。

永田 確かに、佐々木隆道はいいですよね。ジョージ・スミスとかいるので、隠れがちだけど。ハスケルは時々レフリングに悩んでいるのかなというところが見受けられる。

南 フラストレーションを感じている気がしますよね。なんか発散し切ってないような。

──ジャッカルとか普通に凄い。

稲垣 ハスケルやジョージ・スミスは凄いのが当たり前なんでね。その点、技術的にはまだ劣る面もあるんですが、ツイ(パナソニック)も面白い。

──では、SHに。僕はどんどん進化している感じがする日和佐(篤=サントリー)です。

村上 僕も日和佐。あと、新人で言うと、鶴田(NTTコム)も十分やれている。

南  まわりがしっかり見えてる感じがします。

稲垣 SHに関しては、日和佐、田中(史朗=パナソニック)が抜きん出ていて、他の選手たちと光が違ってきた感じがするんですよね。ワールドカップでも2人への評価がもの凄く高かった。世界にいないSHというかたちで。もう、この2人に関しては甲乙つけ難いので、チームの順位で(笑)、日和佐。

永田 2人のうちでも、特に今シーズンの田中は面白い。SOに同じように前を見ながら勝負するタイプのデラーニ(マイク=パナソニック)が入って、今までよりももっと前を見て工夫してプレーしているのが感じられて、そこのところが凄くいい。あと、敢闘賞として櫻井(朋広=NEC)を推しておきます。SHの捌きが良くなるだけで、これだけチームって変わるんだというお手本だと思います。

──デラーニの名前も出たところでSOに行きましょう。個人的に、このポジションはどうしても日本人にしたかったというのもあって、リコーの河野(好光)。重光(泰昌=近鉄)、大田尾(竜彦=ヤマハ発動機)と迷ったんですが、ノヌーが入って、うまくノヌーの存在を使ってプレーしているのが光っているので。キックも安定していますし。

永田 全く同じ理由で、やはり河野。ノヌーとタマティ・エリソンがCTBにいるので、ラインブレイクが凄く多い。そういう隙をうまく突くというところがよくできている。

村上 河野もいいんですが、僕は重光を推しておこうかな。今シーズン、近鉄がいいのは重光のプレーが安定しているのが大きい。昨季まではあまり使ってもらえてなかったので。

南  今季の近鉄はハーフ団が安定していますもんね。SHの金(哲元)も無茶なプレーがなくなって、高いレベルのプレーを維持できている。

稲垣 実績から言うと、ヒル(デイビッド=東芝)、そしてワールドカップでも世界的レベルであることを証明してみせたピシ(トゥシ=サントリー)の2人のうちいずれかが順当かなと思うんですが、やはり、みなさんと一緒で日本人SO待望論ということを考えて、重光。河野とも迷ったんですが、チームを勢いづけている点を買いました。

村上 ヒルのディフェンスは凄い。ヒルがいるとほとんど抜かれませんもんね。

稲垣 なにげにトライも多いですしね。

永田 ヒルやピシなんかは、凄いプレーを見るのが当たり前になっているところはありますよね。

──フィリピン代表のウイング(クレイグ=NTTコム)も、アタックもディフェンスもレベルが高い。

村上 君島(良夫=NTTコム)の出番がなくなっちゃいましたもんね。ウイングが何でもできるから。

──さて、凄い大物も入ってきたCTBですが。

南  僕はマレ・サウ(ヤマハ発動機)が今シーズンはとても良いと思うんですよね。

村上 マレ・サウがいたら、サインプレーいらないですもんね。ひとりでヒョイヒョイって抜いて行く。

──必ずゲインする感じですよね。困った時も、ボールを渡せば何とかしてくれる。そういう選手がいるのは大きい。

KTC(京都機械工具) 大型車用 フロントハブプラー AS354

永田 田村はCTBの方がいいですね。それも、セカンド・ファイブ・エイス的な役割を担うと凄くいい。第2SOというか。

村上 僕も田村かな。ジェイピー・ネル(NTTコム)もいいですよね。

──WTBも人材は豊富ですが、今季は規格外の選手がまた新たに加わりました。

 
今季最大のインパクト。WTBナドロがシーズントライ記録を更新するかにも注目だ
photo by Kenji Demura (RJP)

稲垣 ひとりはナドロで決まりでしょう(笑)。もう18トライですからね(第11節現在)。シーズン当初に比べ、しっかりチームにフィットしてきている感じがありますよね。彼がボールを持つだけでスタンドが沸く。
 あともうひとりは、迷ったんですが、年末のトヨタ自動車戦も見て、「小野澤(宏時=サントリー)ここにあり」という感じだったので。小野澤に。33歳にして、反骨心が芽生えてきているようなところもありますし。成田(秀悦=サントリー)の活躍が刺激になっている面もあるでしょうし、やっぱり小野澤だな、と。

──確かに、トヨタ自動車戦の小野澤は素晴らしかった。あと、徐(吉嶺=ヤマハ発動機)の思い切りの良さというか、トライを取る能力にも惹かれます。

永田 シーズンを通しての印象で言うと、ナドロと徐。ナドロは昨シーズンのヘスケス(カーン=福岡サニックス)のようなインパクトを感じます。

村上 1シーズンで終わったりして(笑)。でも、やはり11番はナドロかな。あと、14番で考えると北川智規(パナソニック)。開幕戦で小野澤をさすがのチェンジ・オブ・ペースで置き去りにしたのは凄かった。ずっとトライを取っているのは偉いですよ。

永田 コンスタントにトライを取っているし、フィールディングやディフェンスもソツなくこなせる印象がありますね。

ニューエラー デュアルストロークシリンダΦ16mm複動基本形st15mm+st50mmマグネット・スイッチ付 (CS03R-16-NDW-15+50-ZC201A2) (メーカー取寄)

南  正面(健司=神戸製鋼)がいい動きをしていると思います。

村上 正面がいい時は神戸製鋼が良くて、正面がダメだったら神戸製鋼もダメみたいな選手ですよね。勝敗の鍵を握るキーマンになっている。あと、今シーズンは栗原(徹=NTTコム)もいいんじゃないですか。田邉(淳=パナソニック)も安定してるし。

永田 今まで名前が挙がった選手はみんないいんですが、本当に凄いなと思うのが、大ベテランの松田勉(東芝)。ナドロと1対1になって、真正面から止めたの、まだ松田だけなんですよね。NECのスタッフもあのプレーには感動していた。FBがやらなきゃいけないタックルの見本ですよ。あれは。

稲垣 確かにあのタックルは凄かった。

永田 80分プレーするのは無理ですけどね。あえて松田にします。

稲垣 あと、五郎丸(歩=ヤマハ発動機)も得点王になっているし、プレーも安定している。でも、栗原かな。2003年のワールドカップ以降でいまが一番いいんじゃないでしょうか。

ウッドワン 品番:IKN5N64-RSC SC ピノアース片引 固定枠レール右 カラーを指定下さい 首都圏限定配送 正規品保証

──そういう観点から、僕は近鉄の高(忠伸)にしました。

Bookends New York City, NYC Skyline Book Ends for Shelves (1 Pair)

稲垣 松田、栗原、高。みんなベテランが頑張っているというところでいいんじゃないでしょうか。まあ、ムリアイナ(ミルズ=NTTドコモ)も凄いんですけど(笑)。彼がいるうちに、FBのお手本のようなプレーを日本の若い選手たちも見習ってほしいですよね。

Beachland クラシックカバナストライプビーチタオル - 30 x 60インチ 100%ソフトコットン テリーリゾートスタ

村上 トップ4争いでは、NECがこのまま逃げ切るのか、神戸製鋼が逆転して4位に滑り込むのか。崖っぷちの神戸製鋼がどこまで頑張るのか興味津々です。

永田 勝ち点ではNECが6ポイント上回っているし(11節時点)、対戦相手も、神戸製鋼はヤマハ発動機、サントリーと続くのでかなり厳しいんですが、何か波乱が起こるような気がする。特に、最終節でサントリーを破るようなことがあると面白い。実力接近の象徴的な試合になるでしょうね。
 あとは誰が新人王になるか。これは相当な難問で、ファンのみなさんにもゲームを見ながら頭を悩ませてもらいたいですね。

南  1年目のニューフェイスもトップリーグの激しさやゲームレベルにも対応できて、更なるリーグの活性化に向けてステップアップしていってほしいですよね。
Dance with Devils 鉤貫レム(かぎぬきれむ) 風 コスプレ衣装

稲垣 プレーオフ、ワイルドカード、入替戦、自動降格がどうなるのか。最後までエキサイティングな順位争いが繰り広げられそうで、どの試合も目が離せない。
 個人としては、ナドロがどこまで爆発するかという一方で、日本ラグビーに慣れてきた大物外国人選手も更なる活躍を見せてくれる終盤戦は話題満載ですので、皆さん、ぜひスタジアムへ!


限定版 カナセライト アクリル板 ガラス色片面マット(キャスト板) 厚み3mm 2250X1380mm (13X22) 3カットまで無料(業務用) カット品のカンナ・糸面取り依頼のリンク有 アクリル、アクリル板 配送先について:企業宛でない場合追加送料1梱包5500円〜を了承し注文します

FALCONMTG.COM RSS